重度の認知症にならない為の対策

誰も重度の認知症にはなりたくないと考えているでしょうが、認知症にならないようにする為には、
しっかりと対策を練っておく事も重要です。

そして認知症ではないかと思ったら、すぐに病院へ行く事も大切です。

たったこれだけの事で、
かなり高い確率で重度の認知症にならずに済む可能性が高くなります。

そこで重度の認知症にならない為の対策をいくつか紹介しますが、
対策はいくつかあるので、できるかぎり実行してみて下さい。

まずは適度な運動をする事ですが、
1週間に3回ぐらいは散歩をしてみる事をお勧めします。

できれば少し早歩きぐらいがお勧めですが、初めの内は自分のペースで
1時間ぐらいの運動が適切と言われています。

次に生活習慣をきちんとする事ですが、食事は栄養のバランスを良くする事を心がけ、
いつも決まった時間に食事を取る事が大切です。

できれば和食を中心とした食事が良いでしょう。

また、睡眠もしっかりと取る事が重要ですが、寝不足と同様に、寝過ぎもいけません。

更に色々な人と会話をする事も大切ですし、ずっと1人でいる事が多いような人は、
本を読む事や、日記などのように文章を書く事も大切です。

そして本を読む時や、日記をかく時には、声を出して読み書きをする事が重要と言われています。

他にもできる限りストレスを溜めないようにする事も必要です。

重度の認知症にならない為には、認知症になる前から対策を行い、
認知症と疑わしいと思ったらすぐに検査をする事で防ぎましょう。

このページのトップへ